すぎたとおるのレキシよもやま話

第7回 日本史を焦がす嫉妬の炎

大河ドラマ「江」の主人公は、鬼嫁としても有名である。
何しろ亭主の秀忠は征夷大将軍であり、子作りも大事な仕事。
にも関わらず、側室を持つことを許さなかった。

あるとき、
「これではいかん」と、大御所であった家康が女を秀忠の元に差し向けた。
すると秀忠は、
「恐れ多くも大御所さまからの御使者である」ともてなし、手をつけずに返してしまったという。
秀忠の律儀さをあらわすエピソードとされているが、どう考えても嫁が怖かったのであろう。


徳川秀忠(松平西福寺蔵)

そんな秀忠も、一回だけ浮気をした。
浮気相手はお静といい、大工の娘であったとも、武田の浪人の娘であったともいわれる。
二人の間には子供がで きたが、生まれた子はすぐに武田信玄の娘である見性院に預けられ、保科家の養子となった。
のちの名宰相、保科正之である。
秀忠は生涯この息子に会 うことがなかった。
よほどお江が怖かったのか。

ちなみに保科正之は会津松平藩の初代藩主となり、幕末まで徳川家に忠誠を尽くし続ける。

男の嫉妬も負けてはいない。
細川忠興は妻のガラシャ(玉)を溺愛した。
本能寺の変に続く山崎の戦いで明智光秀が死ぬと、光秀の娘であるガラシャ を妻にしている細川忠興の立場は微妙なものとなった。
普通ならガラシャは離縁される。
しかし忠興はガラシャを田舎に隠し、秀吉の下で勲功を立てる ことにより、ガラシャと暮らし続ける許可を手に入れた。
ここまではいい話である。

あるとき、忠興とガラシャは庭師が庭を整えているのを見ていた。
そのとき、ふと庭師とガラシャの視線が合ったことに気づいた忠興は、なんと庭師を斬り殺してしまったのである。
言葉一つ交わしたわけでもないのに、なんという嫉妬パワー。


細川忠興・ガラシャ像(勝竜寺城公園内)

しかしガラシャも負けてはいない。
その光景を眉一つ動かさずに見ていたというから、案外慣れっこだったのかもしれない。
さすがにそれを見て忠興が、
「お前は蛇のような女よ」と言うと、
「鬼の妻には蛇がふさわしゅうございましょう」と返した。

このガラシャ、関ヶ原の戦いに際して、石田三成に人質にされそうになると、家臣にみずからを斬らせて命を絶った。
キリシタンなので自害できなかったとはいえ、そうまでして夫への愛を貫いたのである。

男同士の嫉妬も忘れてはならない。
現存している武田信玄から高坂弾正への手紙には、
「浮気などしていないからつまらない嫉妬はやめてくれ」という内容のものがある。

「歴史を動かす」とまではいかないが、嫉妬の炎はかように歴史を彩っているのである。

———————————————————–
すぎたとおる

一九七〇年十一月四日生まれ。
東邦大学理学部生物学科卒。
漫画原作者として、「コミック版日本の歴史シリーズ」(ポプラ社)、小説家として「愛の武将 直江兼続」(雷鳥社)、歴史作家として「武田信玄と二十四将」(リイド社)などの著作がある。

Facebookで「レキシ堂」を見る

石垣