今日は何の日?

5月5日 こどもの日

5月5日は、こどもの日。

 

5月5日が「端午の節句」ともよばれるのは、
始まりを意味する「端」と、十二支の寅を正月とする旧暦では五月となる「午」とで、午の月最初の午の日を祝っていたのが、午(ご)と五(ご)が同じ音でもあることから、五月五日を端午(たんご)として祝うようになったといいます。

古く、菖蒲(しょうぶ)を軒下に飾ったり、菖蒲湯に入ったり、粽(ちまき)や柏餅(かしわもち)を食べるなどして邪気を祓う風習がありました。

のちに、菖蒲と尚武(武道・武勇を重んじること)が同じ音であることから男子の健やかな成長を祝う行事となり、武家で甲冑・幟(のぼり)を飾ったのにならい、町家でも男児のいる家で武者人形などを飾ったり、鯉幟(こいのぼり)を立てるようになったといいます。

Facebookで「レキシ堂」を見る

石垣