今日は何の日?

6月5日 池田屋事件

元治元年6月5日(1864.7.8)の夜、
京都三条の池田屋で尊譲派志士たちが謀議中。
これを察知した新撰組の近藤勇・沖田総司・永倉新八・藤堂平助らが突入し激しく斬合い、途中から土方歳三・井上源三郎・斎藤一・原田左之助ら別働隊も駆けつけ、尊攘派を一斉検挙しました。
この池田屋事件を機に新撰組の名が一躍轟きますが、明治維新が遅れたとも、逆に尊攘派を刺激して早めたともいわれます。
奮戦むなしく戦死した尊譲派志士のうち、宮部鼎蔵(肥後)・吉田稔麿(長州)・杉山松助(長州)・大高又次郎(林田)・北添佶摩(土佐)・石川潤次郎(土佐)・松田重助(土佐)ら逸材の死は、尊攘派の活動に大打撃を与えたされ、彼らはのちの新政府により「殉難七士」と呼ばれました。

Facebookで「レキシ堂」を見る

石垣