ブログ

小諸城址 懐古園に行ってきました

電師です。

先日、長野県小諸市へ初旅行しました。

長野県といえば、
木曽や上田、松本などなど史跡巡りの人気スポットが多いですね。

小諸も見どころがたくさんありました。

北国街道散策や、島崎藤村旧居跡、
関ヶ原合戦のとき、
上田城を攻めた徳川秀忠の宿舎となった海応院など。
※海応院は、当時の場所からは移転しています。

海応院の和尚は、
徳川秀忠と真田昌幸との講和の斡旋の労をとったことで、
秀忠から感謝の品を拝領されたといわれています。

そして、
小諸城址 懐古園にも寄りました。

上の写真は、懐古園にある三の門です。

小諸城は全国的にも珍しく、
城下町より低い穴城で、
ガイドの方も「城下町じゃなくて城上町なんです」
とおっしゃっていました。

城は武田信玄の支配下の際、
軍師の山本勘助が改築の縄張り(基本設計)をしたともいわれ、
その後、小諸藩初代藩主の仙石秀久が
大改修を行なったそうです。

そのころ、三重天守が建てられたそうですが、
1626年に落雷で焼失しています。

以来、再建されることはなかったそうです。

それでも、たっぷり楽しめました。

まず、自然谷が多いこと。
小諸城はその谷が生かされた、要害堅固の城なのです。

本丸を囲む立派な土塁と空堀の深さには圧倒されました。

本丸の奥からは、千曲川の断崖が望め、
戦国時代の山城の面影がいまも残っています。

そこには「開かずの門」もあり、落城のときの逃げ道だそうです。

小諸城址 懐古園は、文豪・島崎藤村のゆかりのでもあります。

また、上の写真にあります「懐古園」の大額は、

徳川宗家16代当主・徳川家達の筆とのことです。

日をあらためて、そのあたりを紹介したいと思います。

Facebookで「レキシ堂」を見る

石垣