すぎたとおるのレキシよもやま話

横井小楠を知っていますか?

幕末人気NO.1といえば、文句なしに坂本龍馬である。
経営者をはじめ、ビジネスマンにもファンが多い。

しかし、龍馬がどのような人物で、どんな業績をどのようにして成し遂げたのかもよく知らぬまま、「龍馬ファンです」と言うファンも多い。
今日はその見分け方を教えよう。

「龍馬に一番影響を与えた人物といえば、やっぱり横井小楠(よこい しょうなん)ですよねー」

「え? それ誰?」

もちろん小楠が一番か、勝海舟が一番か、武市半平太が一番かというのには意見があると思う。
しかし横井小楠を知らなければ「真の龍馬ファン」とは言いきれないと思う。

横井小楠は、維新のグランドデザインをした男である。

この続きは、
レキシ堂コンシェル(http://rekishido.entacafe.net
で読むことができます。

【今回の関連作品】
幕末・維新人物伝 横井小楠(コミック版 日本の歴史)すぎたとおる

すぎたとおる一九七〇年十一月四日生まれ。
東邦大学理学部生物学科卒。
漫画原作者として、「コミック版日本の歴史シリーズ」(ポプラ社)
小説家として「愛の武将 直江兼続」(雷鳥社)
歴史作家として「武田信玄と二十四将」(リイド社)
などの著作がある。

Facebookで「レキシ堂」を見る

石垣