ブログ

決戦!関ヶ原

電師です。

本日9月15日は、関ヶ原の戦い決戦の日(旧暦)ですね。
昨年の9月15日にツイッターで行いました関ヶ原の戦いリアルタイムレボートをまとめました。

美濃関ヶ原の地でぶつかりあった名将たちの勇姿を偲びつつ、ミニブシたちとともにダイジェストでお送りしております。

・・・

慶長五年九月十五日(1600.10.21)
5:00過ぎ
前夜から降り続いた雨で、美濃関ヶ原の野には、深い霧が立ち込めていた。
石田三成勢が大垣城を出陣し、関ヶ原に到着。布陣が完了する。
(総勢8万4千)

「我ら西軍関ヶ原に参上!」

・・・

徳川家康勢の先発部隊が関ヶ原に到着。

6:00過ぎ
赤坂を出陣し関ヶ原に到着した徳川家康勢の布陣が完了する。
(総勢7万5千)

「我ら東軍、関ヶ原に参上!」

・・・

「布陣図」

石田三成率いる「西軍」は、毛利輝元を総大将(大坂城待機)、宇喜多秀家を副大将とし、島左近、大谷吉継、小西行長、毛利秀元、安国寺恵瓊、吉川広家、長宗我部盛親、島津義弘らが集結。

・・・

徳川家康率いる「東軍」は、徳川四天王の本多忠勝や井伊直政のほか、福島正則、細川忠興、黒田長政、藤堂高虎、加藤嘉明ら豊臣恩顧の武断派諸将が集結。

・・・

深い霧の中で、東西両軍は2時間ほど対峙し続ける。

・・・

7:00過ぎ
関ヶ原を覆っていた霧が徐々に晴れだす。

東軍の井伊直政が徳川一門の面目をかけ、家康の四男・松平忠吉(直政の娘婿)とともに、赤備え部隊を率いてひそかに動き出し、家康に先鋒を任されていた福島正則隊の横を通りすぎようとする。

福島正則を出し抜こうとした井伊直政が、福島隊の先鋒隊長・可児才蔵に、「抜け駆けはご法度」と呼び止められる。

井伊直政は「物見である」と、可児才蔵にこたえ、福島正則隊の前方へ張り出す。

「先鋒は俺だ!!」

その直後、井伊直政らが西軍の宇喜多秀家隊に発砲!

西軍・宇喜多秀家隊もこれに応射!

関ヶ原の戦いの火蓋がきられる!

井伊直政の抜け駆けに怒った福島正則が、すかさず宇喜多秀家隊に突撃をしかける!

「激突!福島vs宇喜多」

前線中央付近で、東軍の福島正則隊と西軍の宇喜多秀家隊が正面から激突。
宇喜多隊は、西軍きっての勇将・明石全登(あかし たけのり)率いる前衛部隊が突撃。
鉄砲部隊の活躍もあり、福島隊を後退させる。
しかし福島隊ら多くの東軍勢が宇喜多隊へ突撃し、激戦が展開される。

<9:00頃>
石田三成に個人的憎悪を抱く東軍の黒田長政・細川忠興・加藤嘉明らの部隊が、石田三成・島左近隊に突撃!

「激突!石田vs黒田・細川」

石田三成・島左近隊は、東軍勢の猛攻を防ぎ、左近や蒲生郷舎らの活躍でなんとか押し返す。

西軍の小西行長隊と、東軍の織田有楽・古田重勝隊らが交戦!

西軍の大谷吉継隊と、東軍の藤堂高虎・京極高知隊が交戦!

「激突!大谷vs藤堂」

戦上手で知られる大谷吉継だが、病ゆえに輿に乗って軍を指揮。しかし巧みな用兵で奮戦し、数に勝る藤堂高虎・京極高知隊を何度も押し返す。

島左近が黒田長政隊に狙撃され負傷し、一時撤退。

「石田三成、大砲発射!」

石田三成が、本営の笹尾山にすえつけていた大筒5門での砲撃をはじめ、東軍勢を撃退する。

<10:00頃>
福島正則隊に寺沢広高隊が加わり、宇喜多秀家隊との間で激闘が展開される!

「徳川家康、前線へ」

徳川家康が本陣を桃配山より最前線近くの陣馬野に移す。

・・・

石田三成が、島津義弘に救援を求めるが、拒否される。

石田三成が、島津豊久(義弘の甥)にも救援を求めるが、拒否される。

<11:00頃>
石田三成が、総攻撃ののろしを上げる。

松尾山の小早川秀秋隊、傍観。

南宮山の毛利秀元隊が兵を動かそうとするが、吉川広家隊に道を阻まれ動けず。

長宗我部盛親・安国寺恵瓊・長束正家隊も兵を挟まれ動けず。

<12:00頃>
両軍一進一退の攻防が続くなか、業を煮やした徳川家康が、小早川秀秋隊に向けて寝返りを促す威嚇射撃を行う。

「西か東か…どうしよう!?」

家康に内通していた小早川秀秋が、東軍に寝返る。
小早川の大軍勢が松尾山を下りて、大谷吉継隊に襲いかかる。

西軍の脇坂安治・朽木元綱・小川祐忠・赤座直保も東軍に寝返り、大谷吉継隊を攻撃。

東軍勢の猛攻を凌ぎ奮戦する大谷吉継隊が、限界を超えて、壊滅。

西軍の大谷吉継が、家臣の湯浅五助をまねき介錯を命じて、自刃。
【大谷吉継、逝去】

<13:00頃>
東軍が西軍に総攻撃をしかけ、小西行長隊が壊滅。
小西行長、敗走。

東軍の総攻撃に、宇喜多秀家隊も大きく崩れる。

小早川秀秋の寝返りに激怒した宇喜多秀家が「松尾山に乗り込み金吾を叩き斬ってやる」と叫び、単独で敵中へ突撃しようとするが、明石全登に制止され、戦場から逃がされる。

西軍総崩れ

東軍の総攻撃に、石田三成隊が奮戦。
島左近が、黒田長政・田中吉政隊に決死の突撃!

「鬼左近がきた!」

島左近の奮戦ぶりは凄まじく、のち、敵方の黒田隊の兵士たちは、数年過ぎても突撃の号令を発する左近の悪夢にうなされることとなる…。

東軍の総攻撃に耐えていた石田三成隊が、ついに壊滅。

<14:00頃>
石田三成が、数名の家臣とともに戦場を脱出し、敗走。

西軍が総崩れでことごとく敗走し、島津義弘隊が敵中に取り残される。

<15:00頃>

東軍の大軍勢に四方を囲まれ退路を閉ざされた島津義弘隊が、正面突破を敢行する。

「これが…」

「島津の…」

「敵中突破だー!」

島津義弘隊は、家康本陣近くを突破し、井伊直政・本多忠勝隊の執拗な追撃に、玉砕覚悟で順次殿(しんがり)を務める捨て奸(すてがまり)戦法で多大な犠牲を払いつつ、かろうじて退却に成功。
島津豊久が義弘の身代わりとなって討死。

・・・

「安国寺恵瓊・長宗我部盛親、戦わずして敗走!?」

西軍の毛利秀元・安国寺恵瓊・長宗我盛親・長束正家隊は、吉川広家隊に道を阻まれ、結局最後まで動けず。

西軍総崩れを目のあたりにした毛利秀元隊が戦場を撤退。
東軍の追撃を受けるが、安国寺恵瓊・長宗我部盛親・長束正家隊も援護に加わり、追撃を振りきって、それぞれ戦線離脱。

<16:00頃>
戦闘終了。
徳川家康率いる東軍が勝利。

以上で、関ヶ原の戦いリアルタイムレポートのまとめ終了です。
今年もお付き合いいただきありがとうございました!
来年はまた違ったかたちでお届けしたいです。

Facebookで「レキシ堂」を見る

石垣